インフォメーション 新刊紹介
0221_cover_hyo1
直木賞受賞 おめでとうございます
空から謎の卵が降り、赤い犬が宙に浮かぶ―。東北の中心・S市で起きた奇怪な出来事。仙台出身の著者が放つミステリー集。河北新報に2003年連載した「ブリキの卵」ほか、震災後の都市の苦悩を描く書き下ろし『魔術師2016』など収録。

価格[本体1,200円+税]四六判/182ページ/2016年3月/ISBN978-4-87341-344-0
Std2017-1-2web
好評発売中
16号はフリーエージェントで東北楽天に移籍した岸孝之投手(東北学院大卒)と梨田昌孝監督のインタビューを掲載。また、30年を迎えるベガルタ仙台の連載(全3回)や宮城県高校バスケットボール73チームの紹介など。

価格[本体741円+税]A4判/108ページ/カラー/2016年12月/雑誌 86703-01
表紙.indd
宮城県内各市町村の子育て支援制度や母子・父子福祉センターや子育てサロンの窓口などの利用機関を紹介。ほか、子どもたちが遊べるプレイスポットやグルメ情報も。

価格[本体500円+税]A4判/96ページ/カラー/2016年12月/ISBN978-4-87341-357-0
食の泉
河北新報朝刊に連載された「食の泉」が河北選書に登場! 宮城学院女子大学の教員46人がそれぞれの専門分野の知見や体験などを生かして、世界各地の食文化や歴史などを幅広く紹介します。

価格[本体1,000円+税]四六判/340ページ 2016年11月/ISBN978-4-87341-355-6